FC2ブログ

06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

2010年 04月12日 18:43 (月)

今期見始めたアニメの中でも,迷い猫オーバーランはかなり評価が低いようです。確かにOP・EDともにあまり良くなく内容は完全にオタク狙いです。道理でおお振りOPに差し替えた動画を投稿しても殆ど再生されないわけだ…それとこれとは話が違う?確かにそうですが…。
実際,今期は個人的に良いと思う曲が少ない気がします。AnglBeatsのOPもあまり良いとは…。けいおん!!のOPも聴いてみましたが,……残念な気がしました。EDは良いと思いました。

2010年 04月04日 13:36 (日)

ヴァンパイアバンドとおおかみかくし以外の1月期アニメはこれで見終わったことになります。
はなまる幼稚園。Aパートは杏の夢の話。とても幼稚園児の夢とは思えませんでした。特に最後の大人になった杏と土田先生のディープキスが。しかし杏・柊・小梅以外年を取っていなかったw
Bパートは杏の父の絵画を見学する話。桜を結婚まで導いたのは土田によるかつて桜が言っていた言葉「好きって気持ちは何よりも強いんだから」。夜の帰り道,山本先生に告白しようとしてできなかった土田先生に杏は涙を流しながら必死に告白を促し,その言葉を発する。そして走り出す土田。山本先生に告白することができたが,仕事のことだと勘違いされるというオチ。ここまでの良い感じだったシリアス展開も崩壊。流石鈍感姫w そして以前土田が杏に話した土田オリジナルのおとぎ話はお楽しみ会で人形劇として土田・山本により披露されるのであった。
バカテス。理不尽な決着に終わった試召戦争。せめて瑞希をAクラスに入れてやりたいと思う明久。ルールに背き学園長にもう一度試召戦争を申し込む。Aクラスの優子と翔子も試召戦争を申し出,明久と翔子のサドンデス対決。徹夜で勉強した明久は翔子と良い勝負だったが,大化の改新の年号を問う問題で明久が勝利。翔子が雄二を好きになったきっかけがこの年号であり業と間違えたのだった。明久の勝利により瑞希はクラス振り分け試験の受験を許される。しかし,Fクラスを離れることはできず,かつて明久がテストで名前の記入を誤ったように,自分の名前を消して0点となった。そんなのはおかしいと明久は学園長に文句を言いつけたが,自分は瑞希が業と0点になったのだと気づいておらず,後ろからFクラスの皆に笑顔で「バカ」と言われるのであった。
最後の明久が走り出すところからは要らなかったような…。このシーンはただの自分勝手にも見えました。
ひだまりスケッチ×☆☆☆。いつも通りのほのぼのとした話。みんなで育てた庭のトマトを収穫し,トマト料理を作るのであった。すみません,これくらいしかコメントが思いつきません。

新番組の名前を見て改めて思いましたが,女性に受けそうなアニメがかなり多い。メイド様然り,おお振り然り,薄桜鬼然り,裏僕然り……。Angel Beats! 一話の時点であまり面白いとは感じませんでした。

地元でも新番組アニメが出揃いましたが…

2009年 10月10日 13:49 (土)

今期も来ました,アニメの新番組ラッシュ。その中で見た新アニメの感想を一言ずつ。

 聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)。とりあえずリサ萌え。どうやら豊崎病にかかったようでs(ry 最強の刀を求めるアニメなのでしょうか。
 アスラクライン2。コアラのぬいぐるみの部長…。学園の地下のあれは…?
 夏のあらし!春夏冬中。2期の一話にしていきなり潤があらしに女であることを告白。この第2期はどんな話になるのでしょうか。
 とある科学の超電磁砲。豊崎病d(ry 2期に入って初めて黒子もいいなと思いました。もちろん初春m(ry
 そらのおとしもの。UFOからイカロスという少女が落ちてきて1話目から最終回?これはよくあるハーレムアニメとして良いのでしょうか。
 ささめきこと。今期の数少ない非日常要素を伴わないアニメ。風間汐の設定がまりあ†ほりっくの主人公を彷彿させるようなさせないような。
 11eyes。OP直後の段階でなぜテレビ愛知での放送ではなかったのかがよく分かりました。ゆかがパンチラしすぎです。おかげでシリアスな場面でも吹いてしまう。NEEDLESSは作風の関係で許せますがこのアニメについてはどうかと…。元がエロゲだから仕方ないのか。
 けんぷファー。ハラキリトラの声がまさかの先代しずか。男の状態でもナツルの声が女性なのには違和感が…。

2009年 10月03日 23:36 (土)

遂に「生徒会の一存」のアニメが,テレビ愛知では最速で,放送されました。第一話の段階では結構面白いです。放送開始からいきなり自虐ネタには意表を突かれました。聞いていた通りパロディ満載です。前半のパロディ満載のギャグに対して後半のシリアスなところはシリアスなのがまた良い。

NEEDLESS。2週遅れなので今胡桃が倒されイヴが照山・セト・ソルヴァを貫いたところで,どう続くのか気になります。だからと言って先の2話を今見てしまおうとは思っていません。自分で録画して見るのが良いのです。
戦場のヴァルキュリア最終回をDVDで録画しようとしましたがプレイヤーの故障のために予想通り録画できませんでした。さてこれからの水曜日,レールガンと11eyesをどの方法で見ていこうか…。

アニメ4本の感想

2009年 07月08日 16:26 (水)

月曜・火曜日に愛知で始まったアニメの感想です。

「プリンセス・ラバー!」
スカートの中を真っ暗にしてパンチラを防ぐエロアニメでした。原作がエロゲなので仕方がないと言えば仕方がないのですが。徹平の両親は金持ちを狙っていたグループに殺されたのでしょうか。セレブなハーレムに期待し視聴継続。
「懺・さよなら絶望先生」
2期を見て時々面白かったので見た絶望先生3期。くそ、ネタについていけなかった…。絶望先生のネタは当たり外れが大きいです。2話以降のネタに期待し視聴継続。
「宙のまにまに」
オープニングの後から笑ったw どれだけ美星がトラウマだったんだww 朔はよくある恋愛に鈍感な主人公のようですが面白そうなので視聴継続。
「化物語」
今期のシャフト制作アニメ2本のうちの1本。1話では内容があまり理解できませんでした。化け物に体重を奪われたとか何とか。まだ理解に達しないため視聴継続。

1話の時点でこの4本の中ではまにまにが一番面白いと思っています。