FC2ブログ

08月 « 2008年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアスR2 FINAL TURN「Re; 」

2008年 09月28日 23:50 (日)

今日でコードギアスは最終回を迎え,放送が終了しました。というわけで感想を書いていきたいと思います。
ネタバレ注意

ナイトメア同士の戦いの中,ルルーシュと開眼したナナリーが対面している場面から開始。自分にギアスを使うかどうか問い詰められ,ルルーシュはその答えに戸惑う。ナナリーは自分の意見をルルーシュにぶつけていく。一方,スザクとカレンは決着をつけようとナイトメアで戦闘。ナナリーvsルルーシュ,スザクvsカレンの論争が繋げて描かれる。
そしてジェレミアはアーニャとの戦いの末アーニャを追い詰め,殺そうとするがここでアーニャに過去の記憶がないことを知る。ここでギアスキャンセラーを使ったのだろうか。
最終的にルルーシュはナナリーにギアスをかけ,フレイヤーのスイッチを奪い取る。車いすから落ちてまで止めようとするナナリーを,内心は感謝していながらも,ルルーシュは冷酷な態度でその場を去った。そしてスイッチを掲げた姿を全国に放送した。黒の騎士団の団員達はこの戦争で負傷し入院していた。一方,スザクはカレンと互角にやり合った戦闘に敗れた。
そしてBパート。いきなりAパートから2か月後。ルルーシュは黒の騎士団,人質など自分に背いた者達を処刑するため路上に登場。日本はブリタニアから独立したか…?テレビ局も本当はしたくないルルーシュ皇帝による処刑を放送せざるを得なかった。国民達はルルーシュのこの独裁主義に大きな不満を抱えながらただ見守る。
ところがそこに,初めの方の話で黒の騎士団を処刑しようとする前に現れた時のように,ゼロの格好をした男が登場。高い身体能力で警護兵の攻撃をかわし,ルルーシュの前に立ち,剣を構える。どうもこのゼロの正体はカレンとの戦闘で死んだ筈のスザクのようで,ルルーシュはスザクに自分を殺してギアスを授かることを約束していたのであった。そしてゼロの剣はルルーシュの体を貫いた。ルルーシュは最期の言葉を告げ,ナナリーの前に転げ落ちた。そしてナナリーの前で血だらけで息を引き取った。ナナリーはルルーシュと一緒にいることさえできれば良かったと,ルルーシュの死を嘆き,声を上げて泣いた。ヴィレッタ達により死刑囚達は救出された。
ルルーシュの死後,玉城はバーを開店し,カレンは学園に通うようになり,アーニャはオレンジと共にオレンジを栽培していた。そして最後はC.C.でEND。最後のエンドカードも「ありがとギアス」でした。

ナナリーにはかけないだろうと思っていたギアスをまさかかけるとは思っていませんでした。これこそルルーシュらしい冷酷非情な行動といったところでしょうか。やはりルルーシュは死にましたか。そして今度は別の仮面の男(スザク)が統治することになるとは。ジェレミアとアーニャのオレンジ栽培。あの戦闘で2人に何が起こった?w
終わってから振り返ると,なかなか良いアニメだったな,と思います。R2しか見ていませんがww
アニメコードギアススタッフの皆さん,ありがとうございました。

これに続いてガンダム00を…見ません!(蹴
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。