07月 « 2012年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院試終了/ホワイト2購入

2012年 08月18日 17:47 (土)

今日で院試が終わりました。昨日筆記試験があり,今日は面接がありました。面接と言っても高校受験や大学受験のようなしっかりしたものではなく先生達が筆記試験の出来具合を見て質問するという感じでした。この面接で他の大学院試験を受けたかあるいは受験予定か,就職活動をしているかどうかといった質問をされた人は試験結果が芳しくなく不合格になる人のようです。僕はそのような質問はされず,試験で手応えはあったかと聞かれただけでした。
まず昨日の筆記試験について。専門科目の試験が合計で午前の3時間,英語の試験が午後の1時間半でした。僕は専門科目については分析化学,有機化学,無機化学の3つを受験しました。試験の数日前から徐々に緊張感が高まってきていました。試験前日に昼食を摂ってから調子が悪くなり,微熱があり目に重圧感を感じました。そして夜,それまで勉強してきたノートを全体的に見直した後早めに床に就きましたが当日うまくやれるかという緊張のあまり2時間半ほどで目が覚めてしまいました。それから緊張のせいで眠りに就けずそのまま朝まで寝ることはできませんでした。朝になるとご飯を1口口にしただけで吐きそうになるほどの頭痛と吐き気に襲われした。しかし酔い止めの薬で治りました。この薬を飲むと副作用で眠気や倦怠感が現れますが緊張で心臓の鼓動が速くなっていたためか試験に副作用の影響は出ませんでした。電車の中で勉強内容の見直しをしながら試験会場へ行き,問題用紙と解答用紙が配られ始めると緊張による心臓の鼓動を高めながら試験開始時刻を待ちました。こういう時の1分1秒は非常に長く感じるものです。そして解答開始の合図とともにひたすら専門科目の問題を解き始めました。午後からの英語の試験は食後であったためか眠い中での受験となりました。
専門科目については有機化学と分析化学それぞれ1問ずつ分からない問題があり試験終了後に2問ケアレスミスに気付てしまったものの手ごたえは十分感じられました。特に無機化学は難しい問題を出す先生が試験問題の担当であったためそれを覚悟していましたが思ったより簡単で助かりました。しかし英語の方はもう駄目だと思うほどの出来具合の悪さでした。それにしても朝の寝不足による体調不良があったにもかかわらずしっかり試験に挑めたので良かったです。試験後は試験が終わるまで買わずに我慢していた「ポケットモンスター ホワイト2」を買い,少人数での飲み会に参加しました。
今日の面接後に教授が研究室に戻ってくると,一人ずつ試験結果を教えてもらうことができました。僕は合格点に達しているようだったので安心しました。しかし正式な合格発表は9月に入ってからであり,まだ正式な合格ではありません。合格点に達した人数と定員数の関係で調整が入るものと思われます。同じ研究室では4年生が一人不合格となってしまいました。自分の研究室の4年生で最も勉強時間が短かったであろう僕が合格点に達していたのは何だか申し訳ない…。

さてポケモンホワイト2の話をします。ストーリー攻略をより面白くするため,バッジ1個目を手に入れた時点で院試前に作った6つのタマゴを送り込みました。タマゴの内容は以下の通りです。
・フカマル♂ さめはだ むじゃき
じしん/ドラゴンクロー/かえんほうしゃ/りゅうのいかり
・プテラ♀ きんちょうかん いじっぱり
いわなだれ/つばめがえし/じしん/ほのおのキバ
・キバニア♀ かそく うっかりや
ねっとう/かみくだく/れいとうビーム/まもる
・ムチュール♀ うるおいボディ おくびょう
れいとうビーム/シャドーボール/くさむすび/ねこだまし
・ゴニョニョ♀ びびり うっかりや
さわぐ/かえんほうしゃ/シャドーボール/アームハンマー
・ビッパ♂ ムラっけ れいせい
たいあたり/でんこうせっか/10まんボルト/あなをほる

ビッパは秘伝わざ要員です。ご覧の通り全員BW2のイッシュ図鑑に載っていない上に隠れ特性です。現在はフカマルとゴニョニョが1段階進化し,ライモンシティまで進みました。一般トレーナーのポケモンのレベルが手持ちのどのポケモンよりも高くなっています。タチワキコンビナートの草むらがタブンネ狩りに適していましたが他にどこが適しているでしょうか…。
スポンサーサイト

まさかの増税展開

2012年 08月08日 22:53 (水)

<野田首相>消費増税成立後近いうちに国民に信問う」
どうしてこうなった…


支出の無駄を減らすこともなく具体的な増税分の使い道も明示されていないのに消費税増税が確実になってしまいました。「近いうちに」。菅政権の時にも同じことがあったような…。民主党の任期満了は1年後の8月。1年後であれば「近いうち」と言っても間違いではありません。実際1ヶ月後や2ヶ月後に国民に信を問うとは思えないし信を問うかどうかも怪しい。この政権が任期満了まで続くのは避けられないというのか…。
それよりも野田首相の言葉のトリックにまんまと騙される谷垣総裁もどうかと。いや自民党も元々増税には賛成だったか。これで自民党もかなり落ちました。せっかく内閣不信任案可決に向けた流れだったのに,倒閣の勢いはどこへ行った…。
ところで,年齢層が高いほど選挙率が高く,当然少子高齢化で高齢者の人口比率が高いのが現状です。しかも情報源が主にテレビや新聞といったマスコミが大半を占める層です。つまり選挙に参加している人の多くはマスコミの洗脳を受けている可能性が高いということです。若年層の選挙率が低いと言われますが,選挙に行っても高年齢層が多いために若者の意見が反映されにくいという現実。今の日本は若者の意見が反映されるような選挙制度を設けるべきだと思います。
…と言いたいところですがどこか(Twitter?)のアンケート調査で最も次期政権を握って欲しい政党が「国民の生活が第一」になっていたような。いくら民主・自民が駄目だからとは言えそれは無いだろ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。