08月 « 2013年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメの一気見は疲れる

2013年 09月15日 21:17 (日)

13日までGyaoでテレビアニメ版エヴァンゲリオンが全話無料配信されていたので,最終日である金曜日に一気見しました。エヴァンゲリオン自体見たのは初めてですが,全26話を見ただけでは今一つ内容が理解できませんでした。「人類補完計画」の詳細は旧劇場版で見ろということのようで…よく話題にされる「量産型」も劇場版でしか登場しないことを後になって知りました。劇場版…見るためには再びかなりの時間を確保する必要がありそうだ

ポケモンXY。フェアリータイプの相性が公開されましたが,フェアリーに抜群が取れるのは毒と鋼で,これからの対人戦ではこの2タイプの技の使い手が増えそうです。ドラゴン・格闘に加えて悪タイプまでもがフェアリーに狩られるとは…その一方,鋼に対して悪,ゴーストタイプの技が等倍になったようです。フェアリー対策で活躍すると思われていたメタグロスが4つもの弱点を持つという事態に。その一方,クチートはフェアリー追加で弱点が2つだけになるのであった…。
新たに公開されたポケモンは「トリミアン」,「ニャオニクス」,「チゴラス」,「アマルス」,「カエンジシ」,そして御三家の進化形「ハリボーグ」,「テールナー」,「ゲコガシラ」。トリミアンの特性「ファーコート」は受ける物理技のダメージを半減,ちからもちの防御Ver.ということか。種族値がどうなるのかが気になるところです。ニャオニクスは♂と♀で姿が違う模様。チゴラスとアマルスは恒例の化石ポケモンで,岩・竜と岩・氷。両方とも今までにない組み合わせです。チゴラスの「がんじょうあご」。噛み砕くや三色牙の他に「ひっさつまえば」や「むしくい」は適用されるのかな…?アマルスの「フリーズスキン」。恩返しが威力102の氷技になるのか…種族値が攻撃寄りかどうかが問題ですが。カエンジシはシシコの進化系。こちらも♂と♀で姿が違う模様。
テールナーはまさかの二足歩行に,ゲコガシラはより忍者に近い姿になりましたが,どちらもデザインは良いと思います。そしてハリボーグは…最終進化形態に期待しよう。全身が殻に覆われた丸い体つきになるとは予想外でした。
メガミュウツーは2種類存在し,映画に出てきたメガシンカ形の他に,格闘タイプのメガシンカ形も登場し,こちらはXで入手できるようです。

海外の公式サイトから,草タイプ,電気タイプ,ゴーストタイプの仕様変更があるようです。草タイプは宿り木のタネに加えて粉・胞子系の技が無効となり,電気タイプは麻痺しても行動不能にならないとか。そしてゴーストタイプは交代を制限する技が無効に。キノガッサは弱点の追加(フェアリー)と同時に自身と同じ草タイプへの対抗手段が減り弱体化。そしてナットレイが眠り粉・キノコの胞子無効で更に強化…と。電気タイプの仕様変更で強くなるのは…デンリュウくらいか?ゴーストタイプには影踏みも無効になったりするのでしょうか。
XY発売までもう1ヶ月を切りました。しかし第五世代からポケモンを送るのに必要な「ポケモンバンク」と「ポケムーバー」の配信は発売から約2ヶ月半後の12月25日…就活が始まってしまう……。
スポンサーサイト

学外セミナーへの参加/神速のゲノセクト視聴

2013年 09月05日 21:06 (木)

先週の金曜日から土曜日にかけて,学会もどきの学外セミナーへ行きました。去年の11月に高山へ行った時と同じような内容です。1日目に教員の講演を聞き,2日目に学生によるポスター発表がありました。
金曜日の朝早くに教授らの車で会場へ向けて出発し,4時間ほど走りました。途中寿司屋で昼食を摂り,12時過ぎに会場の宿泊施設に到着後,1時から講演を聞きました。その後はそれぞれの部屋で休憩した後,懇親会となりました。部屋割りは全員が違う大学の出身となるように分けられていました。勿論,人見知りなので打ち解けるようなことはありませんでした…。
懇親会は一次会と二次会がありましたが,色々な教授や学生と話をしながら飲んだり食べたりしました。ただし僕はそこまで多くは喋っていません。一次会の時点でかなりビールを飲み,終わった頃にはかなり酔っていました。そして二次会。ただでさえ一次会でかなり飲んでいたにもかかわらず,ここでも大量に飲酒をしてしまいました。思考回路が回らなくなり,気分が高揚し,そしてふらふらになりました。二次会の途中で自分の部屋に戻り,そのまま床に就きました。
そして翌日…激しい目眩に頭痛,トイレに籠って胃の中が空になるまで嘔吐…そう,二日酔いにかかってしまいました。起きれば吐き気が襲い,寝ていても視界が回転するほどでした。スポーツドリンクでさえ飲めば吐いてしまうような状態でした。発表時間の前にポスターの貼り付け作業がありましたが,貼り付けに行けるような状態ではありませんでした。とてつもなく気分が悪い中,ポスター発表を始めることとなりました。発表中は何とか立ちっぱなしでいられましたが,他人の発表を聞くとき,2人分を聞いた後から再び気分が悪くなり,椅子に座って寝込んでしまいました…。ポスター発表の後は企業関係者による講演がありましたが,あまりの気持ち悪さに外のソファーで長い時間を過ごしました。セミナーの閉会後宿泊施設内のレストランで昼食がありましたが,物を口にできるような状態ではなく,帰りの時間までソファーで寝ていました。帰りも車での移動でしたが,外にいるよりも車の中にいる方が気分が良くなりました。途中数か所で休憩しましたが,車から降りると頭痛しました。物が食べられるほどに回復したのは大学に帰ってきてからでした。夜,家に帰って初めて物を食事を摂りました。
これほどの目眩と吐き気に襲われたのは約6年半ぶりです。高1の3月,このブログを始めた頃に当時のクラスメイト達ととある有名な遊園地へ遊びに行きましたが,元々気分が悪い状態でバスに乗って嘔吐し,遊園地へ到着後はジェットコースターに乗り体調がやや回復したのは良いものの,コーヒーカップで激しく回転させられ立ち直れなくなりました。酔い止め薬があれば1時間ほどで回復するのですが当時はそれを知らず,病院に連れられて点滴を受けたのをよく覚えています。今回も胃薬と酔い止め薬があれば体調もましになっていたのだろう……。

日曜日にようやく今年のポケモン映画,「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」を見ました。友人と見に行きましたが,あの花劇場版の上映のためにかなり混雑し,入場した時にはすでに同時上映のイーブイフレンズが始まっていました。
ネタバレに注意しながら,神速のゲノセクトの感想を。何よりも,ロリ声のゲノセクト(CV:諸星すみれ)が可愛かったです。特に首を傾げるところが…。今回は赤いゲノセクトとミュウツーのスピード感溢れるバトルが見どころでした。しかし強いのは赤い個体だけで,他のゲノセクト達は一般のポケモンと互角のようでした。最後は必要のない人やポケモンなどいない,というメッセージを残して映画は終わり,いきものがかりのEDが流れました。上映終了後,ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2それぞれについて赤いゲノセクトをワイヤレスで受け取って映画館を出ました。
映画は3人で見るはずだったのですが,1人は遅刻して上映に間に合いませんでした…。上映後はその1人からまだ手に入れていなかった隠れ特性のポケモンをもらいました。なんと,すべての隠れ特性をコンプリートしていました。これで隠れ特性の♀がすべてそろったかと思いきや,後からクマシュンをまだ手に入れていないことに気が付きました…。そして,ポケモンを整理していると,隠れ特性のヤンヤンマ,ホーホー,サイホーン,アメタマ,ペンドラーを紛失していることが分かりました。そのため,現在PDWで隠れ特性を収集しています。クマシュンは隠し穴で♀が出るのが先か,GTSで交換してもらえるのが先か……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。