04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活は続くよ、どこまでも…

2014年 04月16日 23:05 (水)

推薦応募の企業に内定…と言えたらどんなに良かったか…。7日に一次面接(3vs3のグループ面接)がありましたが、そこで落ちました。他の一次面接も全て落ちて持ち駒が無くなり、現在説明会からやり直しています。

セメント系の会社のうち一社では趣味の話で盛り上がりうまく行ったかと思ったら落ちました。気分良く帰ってもらおうとしただけのようです。推薦応募は…志望動機をしっかり準備し、企業について調べたことを新幹線の中で再確認し、何が言いたいかを考え直しながら会場へ向かいました。しかし…「製品にどんな付加価値を持たせたいのか」という質問に対し、他の二人はなんと論文でセメントについて調べて問題点を考え、改善させたいことを答えていました。僕はどんな付加価値の開発が行われているのかを少し調べた程度で、論文を読むほど詳しく調べていませんでした。他の二人の回答に圧倒され、何も言えませんでした。そして研究を行う上で勉強してきたことについての質問に対し、難しい用語を使った上に「どう取り組んだか」という質問内容とは異なる部分に重点を置いた話をしてしまいました。
趣味に関する質問もありましたが、履歴書の趣味欄に「サイクリング」と書いていたことに対して突っ込まれ、答えた後、「旅行はしないのか」と聞かれました。「なかなか時間が取れずあまり旅行はしない」という旨を言うと、「最近の学生は皆そう言う」と不平を言われました。サイクリングで街並みや地形を肌で感じる楽しさに興味はない様子でした…。その後、他二人は旅行が大好きだという雰囲気を醸し出す回答をしていました。
最後の質問は最近読んだ本で印象に残ったものは何か…正直に言います。本は殆ど読みません。他二人は色々本を読んでいて具体的な作者と題名を挙げて語っていました。勝てる要素がありません。質問に対しネガティブな表現を直接用いるのは避けるべきということだけ学びました。

これまでの面接で受けが良かったのは4年以上にわたってアルバイトを継続していることと、歌が好きなことくらいです。どうやらこの辺りを強くアピールするべきなようです。あとは研究内容を分かりやすい言葉で説明できればかなり改善されるか…?

現在、金属系の企業を学校推薦で受ける予定です。セメント系企業での失敗を活かすため、自己分析の見直しは勿論、表面処理などの技術についても詳しく調べておく必要がありそうです。

推薦応募とは別の金属系の企業についても会社説明会で話を聞きました。しかし、そこは選考会場が遠く、選考が進む度に多額の交通費を要します。就活を始める前は70万円ほどあった貯金が今では40万円にまで減ってしまいました。金銭的都合によりその企業を受けることはできなさそうです…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年04月16日 23:57

就職活動大変ですよね
過去に自分も経験しましたが、面接は慣れもあると思います。
面接を通して何を学び、次にどう活かせるのかもう一度振り返って下さい。後は練習あるのみです!
練習を重ねることにより自信につながります。
そして、絶対に人に見てもらって下さい。
客観的に上手くいかない理由を知りましょう。

蜻蛉さんの忍耐力と継続力があれば、
きっといい会社が見つかると思います!!
大変だと思いますが自信を持って諦めずに頑張って下さい!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。