10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究室用PCがマルチウェアに…(解決済)

2015年 02月06日 00:09 (金)

今週に入ってから突然、研究室で使っているPCがマルチウェアに感染しました。

インターネットを使うと、「Reimage Repair」、「Windows7の修復」などの迷惑な広告が頻繁に出現するようになり、さらに英単語にカーソルを合わせると「tlbsearch」による翻訳が映し出される状態となりました。直近にインストールしたプログラムのアンインストールをしても直らず、「AdwCleaner」というダウンロードツールを使っても広告が消えませんでした。

どうも悪質なプログラムを侵入させてしまったようなので、Cドライブの「Program Files (x86)」を開きました。そこを覗くと、「Umtayyznhndq1ntz」と「Smwyyntm1ndi1zdz」の2つの見知らぬフォルダがありました。どうもこの2つのプログラムが鬱陶しい広告の原因だったようです。前者はゴミ箱に捨てることができましたが、後者は削除しようとすると別のプログラムで開かれているので削除できませんというエラーメッセージが出ました。これについて調べていくと、こちらのブログに対処方法が載っていました。

上の記事に従ってタスクマネージャのプロセスタブを見ると、「meiynzm4ndy 1yjz.exe」というものを見つけました。これを選んで「プロセスの終了」をクリックして再びProgram Files (x86)を開くと、Smwyyntm1ndi1zdzのフォルダを削除することができました。それから、鬱陶しい広告は表示されなくなりました。

というわけで、マルチウェアに感染した場合は、CドライブのProgramフォルダやタスクマネージャのプロセスに怪しい名前が無いか確認してみるのが有効なようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。